医療保険の選び方

日本には高額療養費制度があり、医療費は一定の金額を超えるとそれ以上は負担しなくてよくなるので、どうしても医療保険に入らなければいけないということではありませんが、それでも急に病気になった時には保険では保障されない部分も出てくることになり、保険が効かない治療もあります。そんな時には医療保険に入っていることで負担が軽くなり、場合によっては医療保険で全ての医療費をカバーできて、それ以上にお金が余ることもあります。
医療保険を選ぶ大きなポイントになるのが、掛け捨ての医療保険と積立式の医療保険のどちらを選ぶかということになります。掛け捨ての医療保険は貯蓄性がない代わりに保険料が安くなり、積立式は貯蓄されるために保険料が高くなります。一概にどちらがいいかは言えませんが、その時の家計の状況も併せて考えるようにして下さい。医療保険を選ぶポイントとは、終身の医療保険にするか定期の医療保険にするのかで、病気をするのは大体が高齢になってからなので、できるだけ終身で掛け金が安い保険がおすすめで、医療保険は病気をするとそれ以降は保険に加入できない商品も多く、さらに年齢を重ねる度に毎月の掛け金が高くなるので、なるべく若くて病気のない時期に、条件の良い医療保険に加入することをおすすめします。